遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2018年 ターコイズステークス予想

ども、ゆ~じ~です。

 

ここでは土曜日の中山メイン、G3のターコイズステークスの予想を。

 

基本的に日曜日のメインレースのみ、予想を公開するつもりでやっていたのですが、今回は何とな~く食指が動いて土曜日のレースの予想も公開しちゃうんですが、そこで先に日曜日の朝日杯の予想を掲載。

 

やらかしました。

 

わざわざ読みにくくしちゃいました…。

 

ただ、朝日杯の記事には既にコメントも頂いていて今更いじってしまうのも何なので、ターコイズステークスの予想を上書きするような形で行かせてもらおうかと。

 

ま、やってしまったものは仕方ないと、勝手に開き直ってみたところで早速レースの予想を出していきましょう。

 

◎ ハーレムライン

〇 プリモシーン

▲ デンコウアンジュ

△ フロンテアクイーン

 

はい、何だか攻めた予想になってしまいました。

もちろん、それなりに根拠もあるんですが。

 

◎は人気薄ですが、ハーレムラインを。

マンハッタンカフェ産駒は中山芝1600mでは好成績を収めています。

この馬自身、中山で好成績を収めていますし、適性が高い可能性は十分と見ました。

 

前走では直線で不利を受けているのですが、極端な上がり勝負となっており、十分に力を出せたとは言えず、この着順は額面通りに受け取らなくて良いかと思います。

枠順も比較的内目で先行馬としてはレースを進めやすいところを引いたと思いますし、人気はさほどありませんが、体調次第でチャンスもあると見ました.

 

〇には人気のディープインパクト産駒プリモシーンを。

51キロとかなり軽量だったことに恵まれた印象もあるのですが、夏に古馬相手に関屋記念を制しています。

前走、秋華賞ではスタートで後手を踏み、外枠から後方からの競馬で上手く流れに乗れない形に。

それでもアーモンドアイに次ぐ上がりを繰り出しましたが、流石に前も止まらず7着に終わっているのですが、内容的にはそう悪くない走りも見せています。

鞍上もビュイックに乗り換わりとなり、当然人気は背負うことになるでしょうがこれといった大きな減点要素も見られず、ノーマークには出来ない十いうことでここは〇評価としました。

 

▲としたのはこちらも人気薄となるデンコウアンジュを。

近走、イマイチすっきりしない競馬が続き、前走も得意としていた東京芝マイルで6着。

これだけ見れば買う要素は少ないのですが、前走は出遅れて後ろからの競馬となりましたが、極度の上がり勝負となってしまい不完全燃焼のレースでした。

この馬自身、32.3秒というバカげた脚を使って0.1秒差ですから、悲観する内容ではないと思いますね。

また、メイショウサムソン産駒はレース数は多くないながらもこの条件は滅法強く、この馬自身も昨年のこのレースで3着しています。

昨年と同じ斤量で出走出来ますし、人気が落ち気味の今回は十分狙えると思います。

 

△にしたのはこちらもメイショウサムソンの産駒、フロンテアクイーンを。

前述していますが、メイショウサムソン産駒の中山芝1600mはかなりの好成績を残していますし、この馬自身が昨年の2着馬でもあり、これまで中山芝1600mでは3連対の実績もあります。

前走エリザベス女王杯は7着に終わりましたが、こちらも3着と0.1秒差ですから着順の数字の印象ほどは負けていない印象です。

鞍上マーフィーはまだ日本のファンには馴染みがないかもしれませんが、今年のイギリスリーディング2位、あのR・ムーアを上回る成績を残した天才騎手だけに信頼性も十分。

乗り換わりもマイナスにはならないと見ます。

 

昨年の覇者であるミスパンテールですが、昨年のこのレースから重賞を3連勝しているように実力は確実にあるのですが、ヴィクトリアマイル以降はどうも不完全燃焼のレースが続いています。

今回は昨年より大きく実績を重ねたことで斤量は3キロ背負うことになり、そう簡単な状況ではないと思います。

それでも重賞3勝の実績はメンバー中でもトップですから人気は被ってしまいますし、ここでは見送ろうかと思います。

 

全然人気薄なんですが、ちょっと面白いかな、と思っているのはリエノテソーロ。

腐ってもNHKマイルの2着馬です。

昨年も出走していて6着。斤量は変わりませんね。

この馬、ほぼ一貫して吉田隼人が乗り続けてきたのですが、今回は田辺へとチェンジとなります。

潜在的な能力自体ない馬ではないですし、秋3戦目で走り頃でもあります。

それならばちょっと面白いのかな、と。