遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 中山金杯予想

どうも、ゆ~じ~です。

 

今年もお付き合い宜しくお願いします。

 

新年最初の開催、中山金杯で今年の中央競馬が幕を開きます。

通常なら、その週のメインレースである日曜日のメインレースの予想を掲載するのですが、今回は土曜日のレースですが予想をしていこうかと思います。

で、中山金杯ですがハンデ戦のG3戦ということでもあり、現状でトップクラスには少し足りない馬達がズラリと揃い、難解な様相を呈していますね。

そして芝中距離の重賞としては珍しくディープインパクト系の馬が1頭もいないレースとなりますね。

昨年はディープブリランテ産駒のセダブリランテスが制しましたが、今年はどうでしょう。

 

では、このあたりで予想に行ってみましょう。

 

◎ マウントゴールド

〇 ウインブライト

▲ ステイフーリッシュ

△ ブラックバゴ

 

特別意識して狙ったわけではないんですが、結果的に◎~▲にステイゴールド産駒が名を連ねましたね。

 

まず◎のマウントゴールド

なかなかコンスタントに使えずにオープン入りが遅くなりましたが、この1年半も掲示板を外さず、前走もエアウィンザーにこそ離されましたが、なかなかのメンバーの中で2着争いを制しました。

ステイゴールド産駒がこの条件で高い好走率を残しているのは事実で、その点でも前走と同等以上の走りも期待できそうです。

 

続いて同じステイゴールド産駒のウインブライトを〇に。

こちらは昨年の中山金杯では2着となっています。

この馬、この時期の中山では好成績を残しており、中山記念、スプリングステークスも制していますね。

前走のマイルチャンピオンシップは着順こそ9着と冴えないように見えるものの着差自体はそれほど大きくもないですし、実力的に不足はないと見ます。

中山記念を勝ったことで斤量も昨年より2キロ増えてしまうのは痛いですが、十分チャンスはあると見ました。

 

▲にはステイフーリッシュを。

またまたステイゴールド産駒ですが、母父にキングカメハメハを持ち、こうしたタフな馬場の方が一瞬の斬れがない分、相性は良いのではないかと見ました。

最近乗れている藤岡佑介とのコンビも4戦目となりました。

外目の枠なのは気になるところですが、狙っていきたいと思います。

 

△には人気薄のブラックバゴを。

この馬は母の父がステイゴールドですね。

ホント、ただ、ステイゴールドの血を持つ馬をただ並べただけみたいな予想になっちゃいました。

この馬は昨年の中山金杯で僅差の4着と好走しています。

バゴ産駒は出走数自体は多くはないものの中山芝2000mでは非常に高い好走率を残しており、この馬自身もなかなかの中山実績を持っています。

 

 

自分で予想しておいてこんなこと言うのも何なんだって感じですが、どこまでステイゴールド推しなんだって(笑)