遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 シンザン記念予想

こんにちは、ゆ~じ~です。

 

今日はシンザン記念の予想を行っていきます。

基本スタイルは週に1レース、なんですが年始でもありますし、例外として今回に関しては土曜日の中山金杯に続いてこのレースもやってみようかと思います。

 

昨年のこのレースでは美浦から遠征したアーモンドアイが鬼脚を繰り出し、一瞬にして他馬を差し切り。

ここで賞金を加算させたことで後の快進撃の礎となっていますね。

かつてはジェンティルドンナもここを制して後々の活躍に繋がっていますし、オルフェーヴルなどもこのレースで競馬を教え込んだからこそ、後の大活躍がありました。

G3ながらも近年の三冠馬が3頭も出走していたこのレース、今回の出走馬の中にも並々ならぬ素質の持ち主が潜んでいるのかもしれませんね。

ただ、現時点で6頭が単勝10倍を切る混戦模様となっています。

 

では、ここで予想に行ってみましょう。

 

◎ ヴァルディゼール

〇 アントリューズ

▲ シャドウエンペラー

△ 二ホンピロヘンソン

 

◎にはヴァルディゼールを。

まだ1戦のキャリアなのは決して好材料ではないのですが、前走はスローながらラスト1ハロンは強烈な脚を使っていました。後続を3馬身引き離しましたが、それでもなお余裕があったものと思います。

まだ出走数は多くはないものの、ステルヴィオを始めとしてロードカナロア産駒は京都芝マイル戦でかなりの活躍を見せています。

好枠を引きましたし、スムーズに好位に付けられるようならいい競馬をするのではないかと見ます。

今回は底知れぬ可能性を秘めるこの馬から行こうと思います。

 

〇には人気のアントリューズを。

この馬もロードカナロアの産駒ですね。前走では中団から強烈な末脚を繰り出して勝利。

こちらは既に3戦のキャリアを持っている点では優位に立っています。

美浦から遠征するからには少なからず、クラシックシーズンを見据える意図もあろうかと思います。

評価としてはヴァルディゼールと双璧との評価ですね。

 

▲にしたのはシャドウエンペラー

新種牡馬ジャスタウェイの産駒だけにデータはあまりないのですが、ここに至る臨戦過程は良いように感じますね。

調教では相変わらず良い動きを見せていますし、スピード能力は高いものを持っているように思います。

馬券にはあまり関係ないかもしれませんが、この馬は母リージェンシーにジャスタウェイを種付けされた後、アイルランドで生まれた外国産馬という変わり種なんですよね。

 

△には二ホンピロヘンソン

朝日杯フューチュリティステークスでは全く競馬になりませんでしたが、舞台が変わったここでは十分見直せると見ました。

血統的には決してスプリンターではありませんし、マイルがこなせない馬ではないと思いますね。

それほど人気でもないですし、馬券に加えてみてもいいんじゃないかな、と。

 

取捨をどうするかで考えたのはミッキーブリランテとハッピーアワー。

元から資質が評価されていた坂井騎手。武者修行から帰ってきての成長ぶりも気にはなります。

ハッピーアワーは△候補でしたが、出遅れ癖が少し気になった分だけ評価を落としました。

 

◎、〇を人気馬にしているのであまり手広くは行きにくいですし、ある程度絞っていこうかと。