遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 シンザン記念回顧

こんにちは、ゆ~じ~です。

 

昨日は明け3歳のマイル重賞、シンザン記念が行われました。

昨年はこのレースで凄まじい末脚を繰り出してアーモンドアイが他馬を瞬く間に差し切って優勝、この勝利をステップに後の大活躍に繋がることになります。

1番人気に推されたのはマイル戦で連勝してきた関東馬アントリューズでしたが、6番人気までが単勝10倍を切るオッズが評価の分かれぶりを示していました。

 

では、レース回顧に入りましょう。

 

結果的に勝ったのは新馬戦を勝っただけの1戦のキャリアしかないヴァルディゼールでした。

すんなりとスタートを決めて、スッと好位に取り付くも少しポジションを下げて中団やや後方寄りに位置。

外から進出し、レースを先導したコパノマーティンの作り出したペースは一見して決して早いようには見えない800m47.6秒。

馬群はそれほど大きく伸びることなく、そのまま4コーナーへと。

ヴァルディゼールは終始、内の経済コースを通るも直線入り口では前が壁になり、一瞬脚を溜める形に。

恐らく北村騎手は4コーナーで他馬が外に膨れることを見越してイン突きを狙っていたものと思いますが、意外と馬群は外に膨れませんでした。

そこでやや強引に内ラチ沿いに入り、最内から進出し、早めに先頭に。

馬群の中からミッキーブリランテが脚を伸ばして差し切るかに思えたタイミングで、それに合わせるようにヴァルディゼールも脚を伸ばして抜かせずに先頭をキープ。

押し切るかに思われたその時に大外から後方に控えていたマイネルフラップが強烈な脚で強襲。

瞬く間に差し切ると思えた瞬間、さらにヴァルディゼールが脚を使ってマイネルフラップをも抑え込んで1着。

強引なところもありながらも、徹底してロスの少ないコース取りを意識した北村騎手の騎乗と僅か1戦のキャリアながらもその資質を上手く発揮させてきたヴァルディゼールが見事に勝利を手にしました。

外から2度にわたる差し馬の強襲に対しても脚を使ったあたり、抜け出した時点でも余力はまだ十分にあったのでしょう。

一見してそう早くないように見えたペースは意外に楽なペースではありませんでした。

前日の京都金杯とほとんど変わらないペースで、先行勢は全滅。

その早めとも言えるペースを味方にしたのが、出遅れて後方待機していた2着のマイネルフラップ。

チグハグなレース振りで、4コーナーで大きく外に振られ、直線では内に切れ込み、更にまた外に。

見せた能力についてはこの馬がもっとも強い内容でしたが、これだけ荒っぽいレース振りでは今後、コンスタントに良い走りを見せ続けるのは難しいのかもしれませんね。

この日のような力を要する馬場も向いていたのようにも思いますね。

3着のミッキーブリランテは悪いレース運びではありませんでしたが、上位2頭には完敗だったように思います。

まだ未勝利戦を勝ったばかりでまだまだ上積みはありそうですので、今後の成長ぶりに期待、というところでしょうか。

人気のアントリューズは勝負所での反応が良くなく、全く伸びることなく終わってしまいました。

ジュニアカップでなく、敢えてシンザン記念に挑んできたのですが結果を出せませんでした。

母系はパワーのありそうな血統でしたが、並々ならぬ瞬発力を見せていた東京での走りを見る限り、こうした馬場も合わなかったのかもしれないですね。

 

前日の京都金杯が同コースで同じようなペースで進んだことで比較しやすいレースとなりますが、勝ち時計は0.8秒差。

ハイレベルと言うには少し厳しいですが、勝ったヴァルディゼールにはまだ更なる上積みも望めそうな走りを見せていました。

この馬がどれほどの能力を秘めているのかまだわからない部分も少なからずありますし、クラシックシーズンまでにもう一度見られる機会があるなら注目していきたいところです。