遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 日経新春杯予想

どうも、ゆ~じ~です。

 

厳寒の京都ではハンデ戦、日経新春杯が行われます。

この時期のハンデ戦ということでG1を狙うためのステップレースと言うよりはここをきっかけに一線級を見据えていきたい、そんな馬達が集うレースとして定着していますね。

今年のメンバー達もそうした顔触れとなっており、条件戦を勝ち上がってきた馬や今後の活躍の為にも賞金を加算しておきたい馬が出走してきますね。

トップハンデは昨年のこのレースで3着し、日経賞で初重賞制覇をG2勝ちで飾ったガンコで57キロとなっていますね。

一方でイキの良い4歳馬も5頭が出走。その中でも菊花賞で不利な展開の中で最速タイの上がりを記録して5着に入ったグローリーヴェイズが人気になりそうです。

昨年はパフォーマプロミスが制したこのレースですが、昨年の2着馬ロードヴァンドールと3着馬ガンコの名もありますね。

それでも昨年を上回っているとも思えるメンバーが集い、この2頭の人気それほどでもなさそうです。

 

 

では、予想に行きましょう。

 

◎ グローリーヴェイズ

〇 ウインテンダネス

▲ シュペルミエール

△ ノーブルマーズ

 

◎には人気が予想されるグローリーヴェイズを。

前走菊花賞では出遅れてしまったこともあり、スローペースの中で後方からのレースに。それでも大外ぶん回して5着。恐らく実質的な最速の上がりを使っていると思われます。

無理に使っておらず、キャリア6戦。まだまだ上積みは望めるかと思います。

加えて今回は鞍上にデムーロを配してきています。勝ちに来ていると見ていいかと思います。

パワーを要する馬場への適性が心配されるところですが、十分実力で押し切れるものと見て◎にしています。

 

〇にしたのはウインテンダネス

前走ジャパンカップは1.7秒差の8着…というと大したことなく見えますが、このレースでサトノダイヤモンドを物差しにするなら0.4秒差。大外枠から出遅れてこの程度の差ならここならば良い枠も引いていますし、実力的には十分勝負になると見ます。

先日この世を去ったカンパニーの産駒ですし、頑張ってほしいところです。

 

▲にはシュペルミエールを。

脚元の不安があり、なかなか使い込めずにいる馬ですが、秋からは間隔を空けながらも3戦目となります。

まともに力を出せるようならここでは十分実力上位ですが、かなり慎重な調整を行っているあたり、まだ万全とまではいかないかもしれませんね。

ただ、好枠も引いていますし、前走程度の走りが出来れば勝負になるかと思います。

 

△にしたのは迷った挙句、ノーブルマーズを。

秋2戦の走りには殆ど見所はなかったのですが、瞬発力が求められるような馬場は向いておらず、厳しい競馬となった宝塚記念で3着しているようにタフな馬場には向いているように感じます。

 

ノーブルマーズとどちらに印を打とうかと天秤に掛けていたのがムイトオブリガードでした。

ただ、アルゼンチン共和国杯では32.5秒という異常とも言える程の強烈な瞬発力を見せているのですが、裏を返せばこうした早い時計が出やすいような馬場の方が向いているように感じます。

また、大外枠も決して良いとは思えず、能力の高さは評価しながらも今回は印は打たないことにしました。

 

4歳勢で人気を集めるだろうメイショウテッコンですが、可も不可もない感じかな、と。調教ではやや控えめにやっていたようですね。

来ても不思議ではないのですが、順位をつけるなら印を打った馬達より若干下との評価です。

 

正直言うとグローリーヴェイズについてはあまり積極的に買いたくない気持ちも少なからず持ってはいるのですが、純粋に能力の高さから馬券から外しにくいと、いう消極的な感じでの◎です。

こういうケースは却って人気馬に重い印を打つのって逆にプレッシャーだったりしますね(笑)