遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 ファルコンステークス予想

いよいよ春のG1シリーズも目前に近づいてきているとあって、週末には後々のG1戦線に繋がってくるだろうレースがいくつも組まれています。

土曜日のレースでも中山競馬場ではフラワーカップが、中京競馬場ではファルコンステークスが行われています。

まあ、一般的には桜花賞やオークスにも繋がってくる可能性も十分にあるフラワーカップの予想を…となりそうなものですが、私はひねくれ者なんでここで予想するのはファルコンステークスにしてみようかと思います。

 

もちろん、このファルコンステークスにしてもNHKマイルカップや桜花賞に繋がってくる可能性も少なからずあるレースではありますね。

 

ただ、いわゆる王道路線ではないだけあって集まったメンバーの中には重賞勝ち馬はなく、重賞での実績を持つのはデイリー杯2歳ステークスで3着に入ったハッピーアワーだけで、殆どは未勝利~500万下勝ちくらいの実績しかない馬達となっており、人気も分散して混戦模様となっているようです。

 

逆に言えばこのくらいのメンバーならば、明らかに強さを見せるようなレースが出来なければG1での好走も厳しいと言ってもいいのかもしれませんね。

 

では、そんなファルコンステークスの展望に行ってみましょう。

 

レース予想

 

◎ ハッピーアワー

〇 ダノンジャスティス

▲ シングルアップ

△ イッツクール

△ ドゴール

 

◎には唯一の重賞好走実績を持つハッピーアワーを。

今回は続けて騎乗してきた秋山騎手から吉田隼人騎手への乗り換わりとなりますが、美浦所属騎手ながらもこの条件で好成績を残している吉田騎手だけにこの乗り換わりはかえってプラスに出るかもしれませんね。

毎回出遅れてしまっているこの馬ですが、それでも大きく崩れることもなく走り続けているあたり、このメンバーならば十分に通用するだけの力量を持っているのではないかと見ます。

〇にしたのはダノンジャスティスを。

前走500万下条件では断然人気になりながらも案外な走りで終わったのですが、調教ではダノンプレミアム相手に併せられる程のスピードを見せている馬でだけに500万下でウロウロし続ける馬だとも思えません。

1度叩かれたことでシャンとするようならここでも面白いと思いますね。

若手の小崎騎手への乗り換わりで大きく人気を落としてしまうのならある意味チャンスかとも思います。

▲にしたのはシングルアップを。

2歳重賞戦線でちょっと足りない競馬を見せていた馬ですが、前走は大きく体重を増やして出てきながらも悪くない走りを見せていました。

多少時計の掛かる馬場の方が向いているようにも感じられますし、それほど人気はないですがこの舞台なら好勝負しても不思議ではないかとも思います。

△には2頭を。

まずはイッツクール

血統的には一見するとダートに適性がありそうな感じですが、戦績を見ると芝向きなのかな?という印象ですね。鞍上の松田騎手ですが、リーディングの順位以上に騎乗技術は高いように感じます。この条件でも意外と好成績を残しているんですよね。

是が非でも行きたい!と、いう馬は見当たりませんし、上手くペースを掴めれば…。

もう1頭はドゴールを。

マイルでの実績もある同馬ですが、サクラプレジデント産駒には意外と1200~1400mで結果を残しているケースが少なくありません。

上手く脚を溜めることが出来れば勝負になるだけの力量は持っているように思います。