遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 スプリングステークス予想

明日は中山競馬場ではスプリングステークス、阪神競馬場では阪神大賞典と2つのG2が行われますね。

 

阪神大賞典に関してはかな~り微妙なメンバーとなりました。

高齢馬ばかりが顔を揃えていますが、G1戦線で勝ち負けになりそうな馬はなく、これが天皇賞に繋がるのかと、言うとどうなのかな~…といった感じ。

 

と、いうことで皐月賞トライアルのスプリングステークスの予想を行っていこうかと思います。

 

ただ、そうは言うものの先日の弥生賞と比較すると小粒な印象ですね。

近年、G1へ向かう馬達のローテーションに変化が見られており、休み明けで本番に挑むケースも増えてきていますし、共同通信杯やきさらぎ賞などからトライアルをスキップして本番へと向かうことも少なくなく、結果としてトライアルレースが今回のように小粒になりがちになるんでしょうね。

 

実際に出走馬を見ていくと際立つような実績を持つ馬はなく、強いて言えば朝日杯で人気薄で2着したクリノガウディーくらいなもので、人気を見てみても条件戦を勝ち上がってきたヒシイグアスが僅差で人気になっている状況。

 

この中から本番に繋がる走りを見せる馬が出てくるのか、注目していきたいと思います。

では、ここで簡単ではありますが、予想に入りましょう。

 

レース予想

 

◎ ヒシイグアス

〇 タガノディアマンテ

▲ コスモカレンドゥラ

△ クリノガウディー

△ シークレットラン

 

この中でちょっと面白いんじゃないかな、と感じるのはコスモカレンドゥラ

京成杯を完勝したラストドラフトと同じノヴェリストの産駒ですね。

戸崎騎手から丹内騎手に乗り替わったことで人気を落としている側面はあるのですが、これまで大きく崩れたことはありませんし、前に行けるのも強みかと思いますね。

きさらぎ賞で終盤荒々しい走りながら突っ込んできたタガノディアマンテですが、常識に掛かった走りが出来れば持っている力は十分にあるだけにどこまでやれるか。

実績では前述の馬達にも劣らないファンタジストですが、正直ここでは距離的に少し長い印象がありますね。思い切って切ることにします。

人気の一角、ロジャーバローズは大外枠。

ここで良い走りを見せられたなら本番にも十分に期待も掛けられるように思いますね。