遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 桜花賞予想

今年もクラシックがこの桜花賞から開幕します。

 

かつて桜花賞と言うと阪神競馬場が変則コースだったことなどもあり、度々波乱を巻き起こすことでも良く知られたものでしたが、2度のコース改修を経てからは様相が一変。

直線も長くなり、実力のある馬は後方からの差し、追い込みもしっかり決まる傾向となってきました。

こうしたこともあってか同じコースで行われている前年の阪神ジュベナイルフィリーズの上位馬が桜花賞でも勝ち負けになることが多くなっていますね。

また、ディープインパクト産駒が滅法強いことでも知られるレースで毎年の様に勝ち負けになる馬が出ています。

 

今年は昨年の阪神ジュベナイルフィリーズを制したダノンファンタジーが順当にチューリップ賞を完勝してここに挑むこととなり、1番人気は間違いない状況となっています。

その阪神ジュベナイルフィリーズで豪快な追い込みで2着となったクロノジェネシスもクイーンカップを制して順調にここへと挑むことになり、こちらも上位人気は確実となっています。

取捨が難しいのはグランアレグリア。

デビュー後2戦は圧倒的な強さで楽勝、朝日杯フューチュリティステークスでも断然の1番人気に推されながらも3着に敗れています。

ただ、デビュー戦ではダノンファンタジーを相手に難なく楽勝しており、桁外れの実力を秘めている可能性も十分にありますね。

 

これらの実績馬達に挑む立場では阪神ジュベナイルフィリーズで3着のビーチサンバ、エルフィンステークスで驚異的な末脚を繰り出したアクアミラビリスらもいます。

 

では、ここから予想していきましょう。

 

レース予想

 

◎ グランアレグリア

〇 ダノンファンタジー

▲ レッドアステル

△ クロノジェネシス

 

人気どころになってしまったので印は4頭だけに絞ることにしました。

◎にはグランアレグリア

朝日杯での走りは案外だったのですが、その前の2戦があまりに強烈でした。

恐らくですが、能力自体は相当なレベルにあると思います。

朝日杯の走りが精神的なものなどの要因なのか、単に一本調子なタイプなのかはわかりかねますが、まともに能力を発揮したならばダノンファンタジーをも凌駕すると見ました。

 

〇には人気のダノンファンタジーを。

デビュー戦でグランアレグリアに敗れて以降はほぼ完璧な走りを見せ続けています。

前走のチューリップ賞では直線で前が塞がるピンチを迎える場面もありましたが、外に持ち出して進路を確保するや、瞬く間に前を差し切っており、能力的にも明らかに一枚上の走りを見せています。

今回は外目の枠となりましたが、元々後方から競馬が出来る馬で無理に前に位置取る必要もないですから問題はないと見ます。

 

▲には人気薄ですがレッドアステルを。

前走のアネモネステークスはルガールカルムには敗れはしたものの最速の上がりをマークしており、デビュー2戦目のレース振りとしては上々かと思います。

前述していますが、ディープインパクト産駒のこのレースでの強さは良く知られるところでもありますが、この馬についても中山マイルよりは阪神マイルの方が向いているように感じられます。

人気はないかと思いますが、ここで激走しても全く不思議ではないと見ています。

 

△にはクロノジェネシス

阪神ジュベナイルフィリーズでは目を見張る末脚を発揮し、アイビーステークスでマークした32.5の上がりが伊達ではないことを示し、クイーンカップでも難なく前を捉えて見せました。

瞬発力はこのメンバーの中でも上位であることは確かです。

内枠を引いたことで包まれてしまう懸念は多少はありますが、流石に無視はしにくいと見て△にすることにしました。

 

印を打たなかった馬の中ではアクアミラビリスノーブルスコアを。

アクアミラビリスは何といっても前走で見せた異次元の末脚ですね。

2着以下の馬に上がり3ハロンで1秒近い差をつけているのはあまりに驚異的です。

ここで破ったノーブルスコアがチューリップ賞でも好走しており、ここで勝ち負けしてきても驚けませんね。

ノーブルスコアも前述したディープインパクトの産駒。

惜敗が続いていますが、底は見せていませんし適性自体は持っているように思います。

この2頭については小柄な馬でこれ以上馬体を減らさないで挑めるといいとは思いますが。

 

人気馬中心の予想で面白みには欠ける印象も残りますが、これまでの過程で結果を残してきた馬達の実力を素直に評価すべきと判断しました。