遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 福島牝馬ステークス予想

今日は20日の福島競馬場のメイン、福島牝馬ステークスについて予想していこうと思います。

 

例年、ある程度頭数が揃うこのレースなんですが、今年は10頭と少頭数のレースとなる見込みです。

近年のこのレースの勝ち馬を見ていくと、キンショーユキヒメ、ウキヨノカゼ、マコトプリジャール、スイートサルサ、ケイアイエレガント…と、なっており、こんなことを言うと些か失礼かもしれませんが、G1で主役を張るような馬の姿はない、そんな印象のレースでもあります。

 

とは言え、このレースからヴィクトリアマイルへと向かおうという馬もいるかと思いますし、しっかりと見ていきたいですね。

 

では、早速予想に入りましょう。

 

レース予想

◎ ダノングレース

〇 デンコウアンジュ

▲ ランドネ

△ フローレスマジック

 

いざ、予想してみると人気馬だらけとなってしまいましたね。

 

まず◎のダノングレース

意外?にも福島芝1800mを得意にしているディープインパクト牝馬ですね。

この馬自身も500万下ながら同コースで勝った経験もあります。

小柄なこの馬、早くから素質の高さは感じさせていながらも昨年春までは410キロ台での出走が続いており、なかなか鍛え込めない状況でしたが、夏以降の馬体の充実に伴ってレースでの走りも変わってきました。

やや外の枠ではありますが、前に行きたい馬ではないですしスムーズな競馬になりやすいことでむしろ好印象を受けます。

一週前の追い切りでもしっかり時計を出していますし、上々の出来と見ます。

 

〇には昨年の3着馬のデンコウアンジュを。

この馬、全26戦中17戦で人気以上の着順となっているように何故か人気になりにくい印象の馬ですね。

このレースでは昨年は前述したように3着、一昨年は4着と結果を出していて、末脚に掛けるタイプながらも短い直線のコースでも度々好走しています。

メイショウサムソンの産駒ですが、ディープインパクト牝馬同様にこのコースでの結果を出しており、適性は十分に持っているものと思われます。

ただ、2歳時のアルテミスステークス以来、3年半も勝っていない馬だけに◎にするにはちょっとためらわれるところもあり、次点までの評価かと。

 

▲にしたのはランドネ

3歳春には暴走気味に走るような場面もありましたが、経験を積んでいくに伴い、折り合い面で進展を見せ、重賞でも安定性が出てきています。

前走の中山牝馬ステークスでは直線でまともに追えない不利を受けたこともあり、大敗していますが、原因がハッキリしているものなので気にしなくてもいいのではないかと見ています。

父はブレイム、母父がエーピーインディと、共にBCクラシックを制した馬同士の配合で、一度ダートでの走りも見てみたい気もするランドネですが、共にスピードの持続性に優れた種牡馬で、この馬もそのようなタイプのように見えます。

緩急の大きなレースよりは平均ペースがベストでしょうか。

 

△には全姉にエリザベス女王杯を制したラキシス、全兄に安田記念を制したサトノアラジンを持つ良血馬フローレスマジックを。

ダノングレース同様、こちらも福島芝1800mで実績のあるディープインパクト牝馬となります。

オープンに復帰したここ2戦は凡走しているのですが、準オープンでの内容的にはここでも十分に通用するだけの力量はあるかと思います。

ただ、これだけの良血馬が本格化してきた、となるとどうしても人気を集めやすい側面は否定できないと思われることも踏まえてこの馬の評価は△に留めようかと思います。

 

 

 この上記4頭が少し抜けた評価となっていますね。

強いてこの4頭に続く評価としては昨年2着のカワキタエンカですね。

この馬も先程触れたディープインパクトの産駒ですね。

ただ、今回はことごとく人気馬に印を打っているので、ここまで手を伸ばすのは難しいでしょうか。

裏を返すと人気になっていない馬はちょっと厳しいとの見解になりますね。