遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 新潟大賞典予想

天皇賞でのフィエールマンとグローリーヴェイズとの壮絶な一騎打ち、クイーンエリザベス2世カップでのウインブライトのレコード制覇と触れていきたいことは色々とありますが、今日のところはまず明日に控えた新潟大賞典について予想していこうと思います。

 

で、その新潟大賞典ですがローカルのハンデG3らしく人気は大きく分散、一桁人気は現時点で3頭だけとなっています。

飛び抜けた実績を持つ馬はなく、G3戦線あたりで戦い続けている馬と1600万下を勝ち上がってきた馬との勝負、といったところでしょうか。

 

では、早速予想に行ってみましょう。

 

レース予想

◎ エアアンセム

〇 ショウナンバッハ

▲ メートルダール

△ ダッシングブレイズ

△ メールドグラース

 

◎はエアアンセム。

既に8歳となっていますが、久しく大敗することもなく安定して好成績を残してきているこの馬、今回は57キロとなりますが、この斤量でも結果は残してきていますし、鞍上の吉田隼人騎手はこの条件でも好結果を出してきていますし、十分に狙えると見ました。

 

〇にショウナンバッハ。

キタサンブラックの半兄でもあるこの馬も8歳になりますが、昨年の中日新聞杯で豪脚を繰り出して2着し、騒然とさせたのはまだ記憶に新しいところですが、コンディション次第ではこのくらいはやれると思わせるレベルの走りはところどころで見せてきていました。

新潟記念で3着した実績もあり、ハンデも54キロと軽めなだけにハマれば一発あっても…という実力は秘めていると見ました。

 

▲にしたのはメートルダール。

この馬も新潟では新潟大賞典で3着、新潟記念で2着と既に一定の結果は出している馬。

安定して走る馬ではありませんが、重賞で6回も馬券圏内に来ているようにローカル重賞で勝ち負けするくらいの実力は十分に有している馬かと思います。

ゼンノロブロイ産駒はこの条件を得意にしていることもありますし、ここは狙っていっていいかと思います。

 

△には2頭。

まずはダッシングブレイズ。

復帰後はイマイチひと押し足りない走りを続けてはいますが、前走の京都記念は比較的相手関係が緩かったとは言え、0.2秒差でメンバー中で最速の上がりをマーク、調教でも最近の中ではなかなか良い動きを見せています。

人気はないですが抑えまで。

もう1頭にはメールドグラースを。

来日初勝利を挙げるや立て続けに勝ちまくったオーストラリアでも注目の若手ジョッキー、レーン騎手が騎乗しますね。

ルーラーシップ産駒はこの条件で非常に好成績を収めていることもあり、無視は出来ない存在ですね。

 

時間の都合もあって今日は簡単ながらこのような予想に。

人気のロシュフォールですが、ここまでの過程を見てみると人気になるのももっともだとは思うのですが、「だったら何故、新潟大賞典?」という気がするのは私だけですかね?

慎重に使わざるを得ない、と勘繰るのは斜に見過ぎでしょうか…?