遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 鳴尾記念予想

今週より始まる阪神開催の初日のメインレースは伝統の重賞、鳴尾記念が行われます。

今年は9頭と少頭数となりましたが、比較的若い有力馬が多く、今後に繋がってくる可能性も感じさせる顔触れとなっていますね。

 

では、早速予想に行ってみましょう。

 

レース予想

◎ ノーブルマーズ

〇 タニノフランケル

▲ ブラックスピネル

△ ギベオン

 

 

ノーブルマーズ

休み明けとなりますが、天皇賞への出走プランがあったこともあり、今回はしっかりと乗り込まれていて仕上がりは悪くないように感じられます。

また、比較的暖かい時期の方が高いパフォーマンスを見せているように感じられます。

時計勝負となるとどうかという不安はありますが、ある程度流れてタフなレースになってくれればこの馬の持久力が生きてくるかと思います。

枠も真ん中でレースは進めやすいでしょうし、展開と高倉騎手の騎乗が問われることになりそうですが、軽視は出来ないかと思います。

 

タニノフランケル

早くからその良血振りも相まって大きな期待を掛けられてきたこの馬ですが、キャリアを重ねて着実に地力をつけてきている印象です。前走金鯱賞では相手も強く、大敗してしまいましたが、この相手、鞍上もペース判断に長けている武騎手に変わったのはプラスと見ます。

阪神芝2000mでは下級条件とは言え、2勝を挙げていますし、調教でもしっかり動けています。

ウオッカの産駒ということでどうしても人気になりやすい点は否定できず、買いにくい側面はありますが、それを差し置いても無視できないかと思います。

上手く平均ペースで流れに乗れれば、ここはアッサリもあると見ます。

余談ですが、例年ならばこのタイミングで「1600万下条件」に降格しているはずだったんですが、今回のクラス編成変更で降級がなくなってしまいました。

これがどう出るのか。

 

ブラックスピネル

ブリンカーを付けた効果が出ているのか、一時の不振からは脱してきた印象のこの馬、前走新潟大賞典ではスタートで不利がありながらも逃げて0.4秒差と57キロのハンデながらも力の一端を見せています。

阪神に代わる今回の方が適性的には向いているようにも感じられます。

元々、東京新聞杯を勝っているように力自体は十分にG3クラスなら通用するだけのものはありますし、ここでは十分に勝ち負けになるだけのチャンスはあると見ます。

タニノフランケルとの兼ね合いとなりそうですが、どちらも是が非でも逃げなければならない馬ではないですし、競り合って共倒れ…はないのではないかと見ます。

 

ギベオン

金鯱賞、ダービー卿チャレンジトロフィーの走りはちょっと物足りない印象があったこの馬ですが、前走は厳しいハンデに加えてペース的にも楽ではありませんでした。

ディープインパクト産駒だけにある程度は脚を溜められる展開の方が向いているように感じられます。

人気にはなるでしょうが、抑えは必要かと見ます。

 

メールドグラース

前走の新潟大賞典では中団から強烈な末脚で勝ち切り、3連勝としています。

前走に引き続きレーン騎手が騎乗することも相まって1番人気は確実となっています。

が、今回は消そうと思っています。

ルーラーシップ産駒は新潟芝2000mでは驚く程の好成績を挙げている一方でこの阪神芝2000mは悪くはないものの、それほど好績ではありません。

斤量も2キロ増える今回は過剰人気の可能性が高いと見て消そうと思います。