遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 エプソムカップ予想

2か月続いてきた春の東京開催。

芝馬場のあまりの高速振りに様々な意見が飛び交う開催ともなりましたが、それも来週の日曜日で一旦終了します。

ここではメインレース、G3エプソムカップの予想を行っていきます。

尚、ソウルスターリングが左前脚の跛行により枠順確定後に出走を取り消しています。

 

では早速、レースの予想を。

 

エプソムカップ レース予想

◎ プロディガルサン

〇 レイエンダ

▲ アップクォーク

△ ミッキースワロー

 

◎ プロディガルサン

とにかく勝ち味に遅いこの馬だけに勝ちきれるのかという点に於いては怪しいところなのですが、既に重賞でも幾度も好勝負をし、1600万下降級以降は12戦して10戦が3着以内になっており、能力の高さそのものは十分に通用するだけのものを示しています。

全兄リアルスティールはダービーでも2着していますし、全妹のラヴズオンリーユーは先日のオークスを制しているようにこの時期の東京では実績のある血統の持ち主でもあります。

前走の谷川岳ステークスでは出遅れたこともあり、最後方から凄まじい脚で追い込んで2着となっていますが、適性自体はそれ以上と見ています。

鞍上はレーン騎手へと乗り換わりとなり、おのずと人気にはなるかと思いますが、それでも消せないと見ています。

ここは連軸、という意味で◎にします。

 

〇 レイエンダ

チャレンジカップ以降、毎レースで出遅れるなどチグハグなレースが続いて力を発揮出来ていないこの馬ですが、東京新聞杯、メイステークスでは大外枠で出遅れており、やむなく後方からの競馬となっておりスムーズなレースになっていなかっただけに、上手く流れに乗れたならば好勝負になるだけの資質は持ち合わせているように思います。

今回は主戦のルメールに手が戻りますし、再度見直してみてもいいかと思います。

 

▲ アップクォーク

これまでのベストパフォーマンスがオープン特別3着ということで人気にはならないでしょうが、なかなかコンスタントに使い込むことが出来ずにいた時期もあり、既に6歳となっているものの、東京芝コースは得意としており、4-2-1-1と好成績を挙げています。

今回は内目の枠を引いており、前に行きたい馬も多くないだけに先行しやすい条件も揃っており、出遅れなければ早い馬場での瞬発力もあり、十分にチャンスはあると思います。

津村騎手には思い切った騎乗を期待したいところです。

 

△ ミッキースワロー

既にG1でも2度掲示板を確保しているように能力自体はG3では格上であるのは間違いないでしょうが、ここでの課題は展開となるでしょうか。

ほぼ全戦で差し、追い込みで末脚に掛けるレース振りだけに今の東京競馬場で前に届くだけの脚を使えるのか、という点が最大のポイントでしょう。

しかも、顔触れを見るとペースを積極的に引っ張っていきそうな馬はなさそうだけに積極的に狙うにはリスクが大きいように感じられるため、ここでの評価は△までに留めることにしました。

 

その他

△にしてもいいかという評価をしているのがステイゴールド産駒のダノンキングダム。

大外枠を引いてしまったのはちょっと痛いことろなのですが、この馬場では前に行けるのは強みでもあるでしょう。

前走内容も良く、同じようにすんなり前に行かせてもらえれば十分勝負になるだけの力量をつけてきているように思います。

同じくステイゴールド産駒のソーグリッタリングはオープン連勝での参戦ですが、この馬は京都向きの印象で、ここではやや割り引いて見ています。

また、浜中騎手はこの舞台、苦手にしているんですよね。

そのあたりもあってここでは無印にします。