遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 CBC賞予想

夏のスプリントシリーズとして函館スプリントステークスに続く第2戦として行われるCBC賞。

先日の禁止薬物検出問題で大量に除外馬が出た影響はここにも現れており、タマモブリリアンがこちらへと回ってきています。

 

ハンデ戦のこのレース、トップハンデは高松宮記念を制しているG1ホース、セイウンコウセイで58キロ。昨年の覇者であるアレスバローズが57.5キロで続いています。

 

実績で言えば同コースで高松宮記念で2回の連対実績を持つセイウンコウセイが断然の存在にはなりますが、2走前まで大敗続きだったこともあって「人気馬の一角」という評価となりそうですね。

 

では、予想に行ってみましょう。

 

CBC賞 予想

◎ ビップライブリー

〇 グランドボヌール

▲ ラベンダーヴァレイ

△ セイウンコウセイ

 

ビップライブリー

昨春以降、冴えない走りを繰り返していた同馬ですが、前走では人気薄ながらも久々の勝利。

元々は重賞でも2着するなど好走していた馬だけにこの程度はやれる力量は持っていたものと見ます。

間隔が空いたこともあるでしょうが、調教ではこれまで見せていなかった程の動きを見せており、更なる良化の余地もあるものと見ています。

また、この馬自身も前走の中山よりこの中京の方が競馬はしやすいのではないかと見ています。

この条件を苦手にしている和田騎手への乗り替わりがどうかというところもありますが、思い切って狙ってみようかと思います。

 

グランドボヌール

これまでオープン以上での実績がなく、相対的な力関係で見るとここでは見劣りしてしまうのですが、中京では3勝を挙げており、1000万下ながら4走前には後続に影をも踏ませぬ圧勝を見せており、適性の高さで十分やれる可能性はあると見ます。

1400→1200の短縮ローテは圧勝した4走前と同じですし、人気もないでしょうから気楽に狙ってみようかと。

 

ラベンダーヴァレイ

前走は福永騎手騎乗で3勝クラスで僅差の2着。力量的には3勝クラスなら上位もG3となると…といったところです。

ただ、その分斤量は51キロと軽量だけに状態の良さを生かしてどこまでやれるかといったところ。

今回騎乗するのは岩田騎手…ですが、息子さんの望来の方ですね。

今春にデビューしたばかりの新人騎手ですが、ここまで8勝と順調に成績を残しています。

彼、ここまでは結構乗れていて、この馬とのコンビでも結果を出しています。

新人騎手の騎乗で人気を落とすようなら案外狙えるのかもしれないと思います。

 

セイウンコウセイ

58キロのトップハンデではありますが、まともに走られればやはりこの馬に勝てる馬はそうはいないでしょう。

高松宮記念では人気薄での激走となりましたが、それまでの大敗の多くにはそれなりの理由もあっての敗戦もあり、本来の能力を発揮したに過ぎないと思われます。

実績のある条件ですし、好枠も引き当てていますからすんなり先行出来ればアッサリも十分にあるかと思います。