遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 上半期リーディングサイアーランキング

様々なドラマと共に2019年も上半期が終了。

途中経過となりますが、ここでは現時点でのJRAのリーディングサイアーランキングを見ていきます。

 

2019年 上半期JRAリーディングサイアーランキング

f:id:yuujiikeiba:20190701221841p:plain

 

2位以下にダブルスコアを大きく超える大差でトップを独走しているのはディープインパクト。G1レースでも日本ダービーをロジャーバローズが、天皇賞(春)をフィエールマンが、桜花賞をグランアレグリアが、オークスではラヴズオンリーミーが、大阪杯でアルアインが制するなど相変わらずの素晴らしい活躍振りで質、量共に断然の成績。

今年もリーディングサイアーに輝くことになるのは確実と言えそうです。

 

2位にはステイゴールド。G1ではインディチャンプが豪華メンバーで行われた安田記念を制しています。また、国外の為にランキングには反映されていませんが、ウインブライトが香港G1クイーンエリザベス2世カップも制しています。

ただ、自身は既に亡くなっており、残された産駒はほぼ古馬だけとなっています。

 

3位にハーツクライ。宝塚記念では牝馬リスグラシューが同期のクラシックホース達を相手に楽勝しています。こちらも国外のドバイシーマクラシックでシュヴァルグラン、スワーヴリチャードが2、3着しておりランキング外で約3億円を稼ぎ出しています。

産駒は芝中長距離でコンスタントに走っており、今後も十分活躍が期待できそうです。

 

4位にはロードカナロアがランクイン。何と父のキングカメハメハを早くも上回ってきました。G1ではサートゥルナーリアが皐月賞を制しています。比較的賞金水準の低いマイル以下を得意とする分、ランキング的には若干不利ですが、それでもこの活躍ならば次代のリーディングサイアーも十分に期待出来そう。尚、アーモンドアイがドバイターフを制しており、こちらもランキング外で大きな賞金を得ています。

 

5位にルーラーシップが入りました。こちらも父のキングカメハメハを上回る成績を残してきました。キセキの昨秋からの活躍振りが目立ちますが、他の産駒達も良好な成績を残しており、今後は質の高い牝馬に付けられて生まれた産駒達が続々現れることを考えると更なるステップアップも十分期待できます。

 

6位と苦戦しているのがリーディングサイアーに輝いたこともあるキングカメハメハ

キングカメハメハ自身が数年前から体調の関係で種付けが減少した影響が現れてきており、出走頭数にもそれが現れていますが、その好走率も見てもわかるように産駒のレベル自体は依然として保っています。

 

7位はダイワメジャー。G1ではアドマイヤマーズがNHKマイルカップを制覇。

年齢的にはややピークを過ぎつつある印象もありますが、優れたマイラー資質を持つ馬も多くおり、今後も十分に重賞戦線での活躍も期待出来そうです。

 

8位にハービンジャーがランクイン。G1など高額賞金レースで稼ぎ切れていない分、ランキングはこの位置になっています。ただ、産駒の質が向上してくるのはこれからでしょう。まだ、年齢的にも十分に余力があり、今後大物を出してくる可能性は高いと見ます。

 

若い種牡馬達ではオルフェーヴルが13位、ヘニーヒューズが15位、新種牡馬のジャスタウェイが17位に入っています。

産駒のムラが大きいオルフェーヴルですが、高い資質を秘める馬もいるだけにまだまだ見限るのは早計かと思われます。

ヘニーヒューズはダート短距離を主戦場としながらもコンスタントに産駒が走っており、当分は安定勢力として定着しそうです。

 

2019年 上半期JRA芝リーディングサイアーランキング

f:id:yuujiikeiba:20190701230703p:plain

 

その獲得賞金の殆どを芝レースで稼ぎ出しているディープインパクトが2位のステイゴールドの3倍近い賞金を稼ぎ出して完全に独走状態となっています。

好走率も非常に高く、やはりしばらくはこの馬の天下が続いていきそう。

10億円を超える賞金を獲得したのはステイゴールド、ハーツクライ、ロードカナロアの3頭。いずれも芝を得意としている馬だけにこのランキングは納得のいくところでしょうか。

他ではディープブリランテ、ノヴェリスト、スクリーンヒーローなど芝に高い適性を持つ馬が浮上しています。

 

2019年 上半期JRAダートリーディングサイアーランキング

f:id:yuujiikeiba:20190701232027p:plain

 

種牡馬としてはベテランの域に入っているゴールドアリュールが相変わらずダートでの強さを堅持しており、現時点でトップとなっています。

そのゴールドアリュールを脅かそうとしているのがヘニーヒューズ。

ダート短距離ではかなりの強さを見せており、複勝率ではこのランキング内では唯一の30%オーバー。今後、産駒の層が厚くなることを考えると2020年代前半のダート戦線をリードしていくのはこの馬かも。

出走数がやや減ってきたキングカメハメハですが、質でカバーしておりここでは3位にランクインしています。

アイルハヴアナザーは中距離で産駒がジワジワ走ってきており、浮上してきていますね。

 

2019年 上半期JRA3歳リーディングサイアーランキング

f:id:yuujiikeiba:20190701233326p:plain

 

ここでもディープインパクトが圧倒的な強さを示して独走状態。

3歳G1だけでも桜花賞、オークス、日本ダービーを制しており、依然として無双状態が続いています。

これに続くのがロードカナロア。G1勝ちはありませんが、重賞戦線で活躍を見せる馬も多く、今後に期待を持てる成績となっています。

尚、新種牡馬では唯一ジャスタウェイが上位にランクイン。ヴェロックスの活躍に依るところもありますが、マスターフェンサーやアウィルアウェイなどそれ以外の産駒の成績も悪くはないだけにこれからも重賞戦線で活躍馬を出してくる公算が高いですね。