遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 毎日王冠予想

近年はG1にぶっつけで挑む馬が多くなったことでいわゆる前哨戦に強力メンバーが顔を揃えることは多くはなくなりましたが、この毎日王冠もいわゆるスーパーG2と言われ、G1に匹敵するような好メンバーが集うことで知られたレースでした。

 

で、今年の毎日王冠ですが、頭数は10頭と少なめですが、今年の安田記念馬インディチャンプを筆頭に半数の5頭のG1勝ち馬に加え、3歳最強クラスの1頭ダノンキングリーが参戦と、G1に匹敵するかのような強力メンバーとなりました。

 

netkeiba.comの予想オッズでの1番人気は3歳馬ダノンキングリー。

G1勝ちはありませんが、春のクラシックではサートゥルナーリア、ヴェロックスを相手に1勝1敗と互角の勝負を見せ、共同通信杯、皐月賞では後にNHKマイルカップを制するアドマイヤマーズに連勝しているようにこの世代では屈指の能力を示してきた馬だけに人気も頷けるところでしょう。

 

では、予想に行ってみましょう。

 

毎日王冠 予想

◎ ダノンキングリー

〇 インディチャンプ

▲ ペルシアンナイト

 

◎ ダノンキングリー

血統面  A

東京芝1800で滅法強さを見せるディープインパクト×ストームキャットの配合。自身も共同通信杯でアドマイヤマーズを一瞬で突き放しており、適性は高いと見てA評価。

騎手   B

主戦の戸崎が騎乗。彼の実力は確かなものですし、ダノンキングリーの事も良くわかっていると思いますが、それは買う側も理解していることでもあります。よってB評価。

能力評価 B⁺

世代トップクラスの能力を有しているのは確か。ダービー以降どれだけの成長があるのかは走ってみなければわからないだけに評価はB⁺に。

その他  B⁺

休み明けですが予定通りに来ており臨戦過程は問題なし。恐らく高速馬場でしょうから前目に行けるのは強みでしょう。

 

〇 インディチャンプ

血統面  B⁺

母父キングカメハメハが強さを見せる舞台でもあり、安田記念時と比較しても評価落ちはなく血統的にはB⁺評価に。

騎手   B⁺

今回も主戦の福永騎手が騎乗。スタート技術の高い彼とこのコースとの相性は悪くなく、評価はB⁺にします。

能力評価 B⁺

豪華メンバーの安田記念を制しましたが、この馬には絶好の展開になったことも確か。

この時点では最強クラスの少し手前という評価です。

その他  A

前目での競馬をしたいこの馬には絶好の枠を引いています。未だに底を見せていない同馬だけに更なる成長の可能性すら秘めており評価はAとします。

 

▲ ペルシアンナイト

血統面  B

前走札幌記念との比較で言うと今回の方が適性はありそうです。ただ、特別強調する程でもないと判断し、B評価に。

騎手   B

主戦のデムーロは京都でグローリーヴェイズに騎乗。今回はシュタルケ騎手に乗り替わり。勿論、下手な騎手ではなく、ここはB評価に。

能力評価 B

1600-2000のG1で4度の連対と実績は十分。前走札幌記念も5着とは言え強力メンバーを相手にしてのもの。ここはB評価。

その他  B

適度に間隔を取りながら春から5戦目。前走も厳しい展開の中で力を示しており、順調に来ていると見る。B評価。

 

 

印を打っていませんが、人気の一角、アエロリットについても触れてみましょう。

血統評価 B⁻

クロフネ産駒はこの舞台あまり得意ではない…はずなのですが、この馬自身は東京の1600-1800で非常に高いパフォーマンスを見せ続けているだけにある程度評価せざるを得ないと見ています。

騎手   C

主戦の横山騎手がエタリオウに騎乗するため津村騎手への乗り替わり。ここは評価を落としたい。

その他  C⁺

絶好枠だった前走、やや開いた間隔など割引要素は幾つもあるのですが、昨年のこのレースでそれを理由に消したらあっさり勝たれた記憶があります。

適性の高さは十分にある点は評価してC⁺評価とします。

 

穴馬を挙げるとするならギベオンです。

近走中途半端な走りを続けてやや評価を落としていますが、適性自体は持っていると見ます。岩田ジュニアの騎乗となりますが、それで不人気になり過ぎるようならヒモで狙ってもいいかも。