遊爺札幌競馬塾

ゆ~じ~が競馬予想と競馬に関わる話題を熱く繰り広げる競馬特化ブログ

2019年 天皇賞(秋)予想

恐らく2019年の日本競馬に於いて最も大きな注目を集めるだろうレース、天皇賞(秋)が行われようとしています。

 

現時点に於いて日本最強馬としての評価も多い怪物牝馬アーモンドアイ。

3歳世代に於いて最強と噂され、神戸新聞杯で驚異的な走りを見せた サートゥルナーリア。

一部ではノーザンファーム生産のこの両馬の対戦は実現しないのではという憶測まで流れていましたが、天皇賞の舞台で最強の座を決すべく怪物2頭がここに歩みを進めてきました。

 

共に主戦としているC・ルメール騎手はアーモンドアイへと騎乗。

サートゥルナーリアはC・スミヨン騎手が鞍上を務めることになります。

 

 

この2頭に注目が集中していますが、他の出走馬のレベルも決して低くはありません。

安田記念では打倒アーモンドアイの筆頭格として期待を集めたダノンプレミアム。昨年のダービー馬ワグネリアンはベスト距離と言える舞台でもありますし、大阪杯を制した実績を持つスワーヴリチャードはドバイシーマクラシック、宝塚記念でも相応の強さは見せています。東京コースで非凡なスピードを武器に無類の強さを見せるアエロリット。

春の大阪杯の覇者アルアイン、ダービー馬マカヒキの名もありますし、クイーンエリザベス2世カップを制したウインブライトもここへと出走してきました。

G1優勝経験のある馬は過半数の10頭。

 

国外からの注目すら集めているこの究極の一戦、果たして盾を手にするのは誰になるでしょうか。

 

では予想へ。

 

天皇賞(秋) 予想

◎ アーモンドアイ

〇 サートゥルナーリア

▲ アエロリット

△ ユーキャンスマイル

△ ダノンプレミアム

 

◎ アーモンドアイ

血統評価   B

ロードカナロア産駒は中距離での出走数が少なく、適性云々については未知数な部分はありますが、この馬自身東京の1600、2400で桁違いのパフォーマンスを示しており、全く問題ないと見ます。

騎手評価   A

主戦のルメールが鞍上。ルメールは東京芝コースを非常に得意としており、国内最高クラスの評価をして良いと思います。

能力評価   A⁺

ジャパンカップの衝撃的勝利、ドバイターフでの完勝など世界でも有数の実力を持つのは明らか。

その他    B⁻

休み明けでここが目一杯の仕上げではなさそうです。ただ、東京芝2000でレースの進めやすい2番枠を引き当てたのはプラス要因と見ます。

 

〇 サートゥルナーリア

血統評価   B

アーモンドアイ同様、血統実績的に適性を語りにくいですが既に2000mのG1を2勝しており距離適性云々の問題はないでしょう。

騎手評価   B

アーモンドアイにルメールが騎乗する為、今回はスミヨンへと乗り替わりとなります。

勿論、彼の騎乗技術自体は申し分ない水準でもあり、評価はBとします。

能力評価   A

単純に芝2000でも能力については世代でも最強と言える水準でしょう。神戸新聞杯で見せたように一瞬の斬れは現役最強レベルにあるでしょう。その反面で瞬発力を生かせない展開では不安も。

その他    B

特に強調すべきプラスマイナス要素は見当たりません。ただ、追い切りでは素晴らしい動きを見せており、馬自身の調子は良さそうです。

 

▲ アエロリット

血統評価   B

クロフネ産駒の東京芝コース実績は決して良いとは言えないのですが、この馬に関しては何度となくこのコースで高いパフォーマンスを示しており、例外と判断してB評価にします。

騎手評価   B⁺

今回は戸崎騎手に手が戻りました。昨年は振り落とされて呆然とターフに正座していた姿が哀愁を漂わせていた戸崎騎手ですが、同馬との相性も悪くなくB⁺評価に。

能力評価   B

2000m以上での実績がないのが気掛かりですが、東京コースではスピードの持続力をコンスタントに発揮しており、十分に上位の評価が出来ると判断、B評価に。

その他    B⁺

最大の武器がスピードの持続力だけに今回も積極的に前に行くことが予想されますが、今の東京では前に行けるのは強みです。B⁺評価に。

 

△ ユーキャンスマイル

血統評価   B⁺

キングカメハメハ産駒はこの舞台、まずまずの活躍を見せています。母父ダンスインザダークの成績も悪くなく、ここは好評価出来ます。B⁺評価。

騎手評価   B⁺

2勝を挙げている岩田とのコンビが継続しています。彼の成績も決して悪くなく、前走と同等以上の評価が出来ると見ます。

能力評価   B

ステイヤーと見る向きもありますが、中距離に於いてもこれまで大敗したことはありません。特に左回りでは3戦全勝しており、ここでも十分通用する可能性はあると見ます。

その他    B

特にプラスマイナスとなる要素はないと見ますが、比較的内の偶数枠を引けたのは良かったかと思います。

 

△ ダノンプレミアム

血統評価   B⁺

ディープインパクト産駒はこの舞台でも安定した強さを示しています。この馬自身は経験はありませんが、全く問題ないと見ます。

騎手評価   B⁺

主戦の川田騎手が一貫して騎乗。このコースでの騎乗成績も良く、ここでも期待できると見ます。B⁺評価に。

能力評価   B⁺

金鯱賞でリスグラシューを相手にせず完勝しているように能力の高さは間違いないところ。スピードもあり、十分に仕上がっているなら十分に勝負になると見ます。

その他    B

前走の大敗でイメージを落としてしまいましたが、致命的な不利だっただけに無視しても良いかと。能力はあり、仕上がり次第。